DIYおじさんのロープワーク(6)

その他

第6回 「物にロープを縛る」

①巻結び(クローブヒッチ)(インクノット)鉄管結び←わが業界のみの呼称

前にもやりましたので、飛ばして頂いても可。
色々と使えますので是非覚えておきたい縛りの一つです。
太いものに縛るとロープを二重に巻くので長く必要になります。

①-2
巻結びを棒のエンドに結ぶ場合、この様な方法もあります。

①-3
巻結びを利用して縛るものにフィットさせます。
ダブルオーバーハンドノットを使用しても出来ますね。

②緊縛結び

巻結びにひと手間加えるだけで強固に縛る事が出来ます。
ただし、解くのが難儀です。

③ひばり結び(カウヒッチ)

短めのロープ等を素早くパイプなどに縛る事が出来ます。
仮止めなどに有効です。

④半マスト結び(ムンターヒッチ)(イタリアンヒッチ)

重い物を徐々に降ろす時など、制動を掛けながら行う事が出来ます。
ロープに強い摩擦力が働くため、傷んだものや細いロープは避けましょう。
合成繊維ロープで9mm以上。破断荷重の1/8程度の重量で使いましょう。

⑤馬つなぎ

素早くロックしておき、逆を引くとすぐに外れます。
応用が利きますので、色々な使い方が出来ますが、大勢の人の中ですと
逆を引っ張られると外れるので、十分な注意が必要です。

⑥ねじ結び

摩擦力が無いと解けます。丸い物に(木やパイプなど)適しています。
直ぐに縛れるし、解くのも簡単です。

⑦いかり結び(アンカーヒッチ)

大きな力がかかるところに使うのに適しています。
船の錨に使うなどでこの名称がついています。
大きな力が掛かっても外しやすいのが特徴です。
最後に「もやい結び」で留めます。

次回からは目的別の応用編となります。