舞台「潜狂」

ステージ

劇団「第27班」さんの舞台「潜狂」の美術を担当しました。

 

今回劇団「第27班」さんは、今後の飛躍が期待される劇団に贈られる、MITAKA“NEXT”Selecdtionに選出され、三鷹市芸術文化センターで上映が行われます。

 

ステージを中心に舞台のあちこちで起こった出来事が、楽器によって少しずつ繋がっていく群像劇です。
その時起こる出来事によって、酒場だったり自宅だったり舞台の設定は変わっていきます。

 

様々な設定へと変化していくセットは、テーブルや椅子などの小道具を配置しつつも、全体で見ると一つのライブセットを感じさせるようなデザインになっています。

後ろの幕は弊社レンタルのハニカムドロップ幕を使用しています。

 

照明によっても全然違う印象に変わっていきます。

 

ソロパートは一人ずつにスポットが当たっていきます。

自然とそれぞれのソロパートに目が釘付けに・・。

撃を 檄を 劇を というキャッチフレーズの通り、特にラストの演奏シーンは激情を感じさせる、圧巻の舞台でした。

 

あらすじ

“こんな差別を助長する発言をするなんて有識者とは思えない。死んだほうがいい。”

 

知らない誰かが知らない誰かを批判したRTが回ってきた。

僕はいいねを押した。

 

“言いたい事わかるよね?やれって言われたんだからやろうよ。もう大人なんだしね。”

 

僕は笑顔で頷いた。

あの時本当は何を考えていたのかはもう思い出せない。

なんて小さな言葉なんだ。

なんて弱い心なんだ。

吐き出されなかったその熱はまだ奥底に潜んでいる。

僕の声では届かないのなら、音に換えて響かせよう。

 

誰にも届かない僕たちが放つ、渾身の一撃。音楽。熱狂。

 

第27班が令和に贈る、演奏群像劇。

 

劇団「第27班」のHPはこちら↓

https://teamthe27.wixsite.com/official27

弊社に相談してくれたら、色々と面白いことができるかもですよ!! ぜひご連絡を!!

https://www.acs-art.co.jp/contact_us/