アックスレンタルのリース品だけで舞台やりました

ステージ

2019年2月22日(金)〜24日(日)
場所:ザムザ阿佐ヶ谷

今回は劇団「寝れない部屋」さんの旗揚げ公演「後悔、あとに立つ」の
セットデザイン、美術制作を手がけました。
とある事件が原因で、過去の恋人に対する後悔を抱えながら
生きている大学生の主人公、彼に何があったのかを、
過去と現在を織り交ぜながら核心に迫っていく、先の読めないストーリーでとても面白かったです。

 

物語の舞台となる大学の映画サークルの部室(上手側)と、彼らの行きつけのバー(下手側)のセットを組ませていただきました。
今回のポイントは何と言ってもこのセットのほとんどがアックスのレンタル商品だけで
構成されていること!

 

画像の赤で囲んだ部分以外は、全てアックスの商品です!
デザイナーにとって、予算内に収めつつ、どれだけクライアントにご満足していただけるかが腕の見せ所。
アックスの道具たちが、舞台を鮮やかに彩ります。

 

セットの中身づくりでは、台本から想像を膨らませて道具を配置していきます。
登場人物の内面にまで入り込んで、彼らが普段どういう生活をしているのか、何が好きか、
真剣に考えながら組み立てていくのもこの仕事の楽しいところです。