舞台「morning sun 晩夏/初春」

ステージ

劇団「第27班」さんの舞台「morning sun 晩夏/初春」の美術を担当しました。

起伏が激しいセットです。
何が大変だったかって、狭い劇場なのに これだけたくさんのエリア分けを要求してきた演出家と台本です。
↓見て下さい。この複雑なエリア分けと役者の動線。


お芝居がきちんと出来る空間を保ちつつ、 エリア分けを成立させるっていうのがすごく大変。
上図のナオユキの部屋なんて2畳しかありません。
台本を読んで、お芝居がギリギリ成立する広さを算出して構成してます。
苦労した甲斐あって、なかなかいい舞台になったと思います。

就活や卒論等々、文字を扱うテーマが多かったこのお芝居。
不安定な日々の不安をどことなく舞台に盛り込みました。

フライヤーも素敵です。

<あらすじ>

大学4年の【夏の終わり/春の訪れ】。

気温も落ち着き【涼しくなってきた/暖かくなってきた】。

これから始まる【卒論との戦いの/就職先の研修の】日々。

楽しい時間はあっという間に過ぎていく。

後悔の無いように、一日一日を過ごそうとするが、結局バイトで日が暮れる。

今頃君は、何してるのかな。

モラトリアムの終わりを迎える大学生達の小さな小さな恋愛群像劇。

―自分の事しか考えられない考えたくない、でもその真ん中には大好きな君がいる―

劇団「第27班」のHPはこちら↓
https://teamthe27.wixsite.com/official27

弊社に相談してくれたら、色々と面白いことができるかもですよ!! ぜひご連絡を!!

https://www.acs-art.co.jp/contact_us/